六月は雨降りで憂鬱。

4th GIG “なんて世の中だ!オナニー好きほど腎虚で早死にをする……!!”

 逃げまどう普通人の三倍程度の肉を常時輸送しなければならない体質の男女たち。その群れの動きにあわせて生ゴミの袋から染みだす汁の臭いをしたもはや視認できるみどり色の大気がゆっくりと移動しはじめる。電線で元気にさえずっていたスズメたちがその大気に巻き込まれたとたんに硬直してまっさかさまに落下、アスファルトの地面に叩きつけられる。
 「キャーッ!」「た、助けてくれぇ!」
 「(1メートルもあるアリクイのような舌で手にしたフィギュアをべろべろとなめまわしながら)ヒャーッハッハ! このブースは占拠した! たった今からここにあるすべてのアイテムは俺たち牙一族のものだ!」
 「(環境団体は真っ先にここを攻撃するべきだといった風情でうずだかく積み上げられた商業向けのキャラクターの裸体やその交接を取り扱った商業目的でない冊子に両手をあわせて高飛び込みの要領で飛び込みながら)うひょぉッ! なんて豊富なせんずりネタなんだ! アニキの見立ては間違いじゃなかったぜ!」
 「(ブースの売り子が着ている破廉恥極まる薄布をはぎとりながら)たりめえよォ! これで当分は俺たちのオナニーライフは安泰だぜ!」
 「(遠くからシルエットで)YOUはCOCK! 俺のチンポ、固くなるゥ」
 「な、なんだありゃ」
 「(夕日をバックに徐々に接近しながら)YOUはCOCK! 愛で――主に二次元を対象とした――チンポ、固くなるゥ」
 「(ブースの売り子が着ていた破廉恥極まる薄布に肉厚のボディをぎゅうぎゅうと押し込みながら)へ、変態だ! 公衆の面前であんな恥ずかしい単語を臆面もなくしゃべるなんてこれはもう最悪の変態に違いないぜ」
 「(顔面の上部と下部をいったん分離したのち、くの字型に誤って再結合させてしまったような歪んだデッサンで)それ以上の狼藉はやめておけ」
 「なんだとこの七曲がりチンポめ! (男の脂肪みなぎるボディを殴りつけるもその弾力に大きくはじきとばされ男子と男子の肛門性愛を主題とした商業目的ではない冊子の山につっこむ)ひィィィ! 肛門を拡張されるゥ! アニキ、アニキぃ!(水に溺れた人のリアクションをする)」
 「(男性のさきばしりを象徴する涙を滝のように流しながら)うぉぉぉぉぉッ! おまえの肛門だけを狸穴やもぐら穴のように惨めに拡張させはしない! 今行くぞ!(後を追って飛び込む)」
 「アニキぃぃぃぃ!(両手を広げる。飛び込んできた兄の先端と待ちかまえる弟の先端がスローモーションで接触する)」
 「あっ…」「あっ…」
 「(二人が薔薇を背負い頬を乙女のように赤らめつつ熱い抱擁をかわしながら男子と男子の肛門性愛を主題とした冊子の海の中へと消えていくのを見ながら)ば、ばかな! あの無敵の殺人兄弟を手玉にとるなんて…!! おまえはいったい何者だ!?」
 「(男に肉厚のボディをしきりと押しつけながら)ただの人間だよ」
 「ひぃッ! た、たのむ、殺さないでくれ」
 「(二重アゴにおたく特有の根拠のない優越感をみなぎらせながら)遅かったようだな。このデブっ腹をはなすと同時におまえの視力はうばわれる」
 「い、いやだ、そんな…!! 現存するすべての女性性を凌駕して俺たち男性自身を三次元的に膨張させるあの隠微な二次元踊りをもう見ることがかなわないなんて、そんなのひどすぎる! これから俺はどうやってオナニーすればいいんだ…(むせび泣く)」
 「オナニーとはイマジネーションだ。それを忘れ二次元美少女の破廉恥踊りを記録した様々の電気的媒体などを優先して購入・使用した自身の愚かさを発射できない欲求不満の中でもだえなげくがいい(男、ゆっくりとデブっ腹を引きはなす)」
 「あひゃぁぁぁぁぁぁッ!(溶暗)」


 「(ケンシロウというよりはむしろ小太りのアミバといった容貌で小鼻をぷくぷくとふくらませながら包帯ぐるぐる巻きの両手を振り回して)…というわけさ」
 「(両足のギプスを天井からつり下げられた養豚場の出荷前の肉を連想させる格好で)なんだか嘘っぽいなぁ。そんな行動力のあるヤツがおたくやってるわけないじゃん。だいたい牙一族ってなんだよ。パクりすぎだよ」
 「(顔全体を石膏で固められくぐもった声で)まぁまぁ、いいじゃないか。それにしても先週はたいへんだったな」
 「(下半身の肉の谷間からブツを探り出し尿瓶につっこむ作業に四苦八苦しながら)まったく。一歩間違えば全員オダブツってところだったからな」
 「(手のひらに拳を打ちつけようとするもデブっ腹に妨げられてできず酸欠の太りすぎた金魚のようにバタバタ暴れながら)しっかしあの野郎め、一度も見舞いに来ないってのはどういうつもりなんだろうな!」
 「まだ俺たちのことを本当の仲間だとは認めていないのさ。…俺たちはあいつにエロを押しつけすぎていたのかもしれない。エロ無しの自己満足的なストーリーもので同人をやるってのも、アリなはずなのにな(なんとなく黙り込む一同)」
 「(小さな金具を手に)ところでこれ、何かな」
 「バカヤロウ! それはベッドの角度を調整するための…」
 中央で突然二つに折れて勢いよく上方向へはねあがるベッド。肉の潰れるにぶい音。サンドイッチ状に屹立するベッドだった物体から流れだす赤い液体。にわかにあわただしさを増す病棟内。”手術中”のランプが暗闇に赤く点灯する。都会のネオンサイン。

to be continued

おはよう!スパンク

  spank 【動】《【規】【三】-s, 【去分】-ed, 【現】spanking》[1]【他】(1)しりをぴしゃりと打つ, 平手打ちにする.[2]【名】《【複】-s》(1)平手打ち. {【類】slap}

 朝の風景。レースのカーテンを揺らして朝のさわやかな風が室内に吹きこんでいる。棚の上に並べられた愛らしいぬいぐるみの数々。壁には赤いふんどしをしめた毛むくじゃらの男がひきしまった尻を誇示しながら肩越しに振り返り微笑んでいるポスターが貼られている。ベッドの上にはピンクのネグリジェを着た筋骨隆々たる男子が安らかな寝息をたてている。が、おもむろに身体を起こし頬を薔薇色に赤らめながら大きく伸びをする。
 「おはよう!」
 窓をブチ破り、黒タイツに全身を包んだ男が室内に乱入してくる。手にした棍棒で男の顔面を上半身の筋肉に血管の浮くほど力みなぎらせしたたかに打ちすえる。
 「スパンクッ」
 ネグリジェの男子、昏倒してベッドに倒れ込むもすぐに跳ね起きひしゃげた鼻から鮮血を噴出しながら何事もなかったふうで大きく伸びをする。
 「おはよう!」
 天井をブチ破り、黒タイツに全身を包んだ男が室内に乱入してくる。手にした棍棒で男の肛門上部を上半身の筋肉に血管の浮くほど力みなぎらせしたたかに打ちすえる。
 「スパンクッ」
 恍惚の表情で四季折々の花を背負いながら宙を舞うネグリジェの男子。
 場面は変わって、一人の大男と禿げあがった頭の中年男が向かい合っている。突然大男の喉が奇妙な音を立てて鳴ったかと思うとその口から大量の吐瀉物が吐き出される。流れ落ちる吐瀉物を顔面で受け、こぼれたぶんを両手ですくいとりぺちゃぺちゃと舌でなめながら、
 「あなたのゲロを 身体に受けながら」
 中年男、吐瀉物まみれの顔に知性のないものがする薄ら笑いを浮かべる。
 場面は変わって、巨大な浴槽。中にはところどころに赤いものの混じった粘りけのある白い液体が満たされ悪臭を放っている。その傍らでビキニパンツのマッチョが準備体操をしている。突然大声で、
 「膿でッ 心のお・せ・ん・たッ・くッ!」
 言うやいなや頭上で両手をあわせ、頭から浴槽に飛び込む。ひとかきふたかき、満たされた血膿をずるずると飲み干しながらときどき泳ぐ手を休めては全身のあらゆる部位へ表面に浮かぶ正体の知れない半個体状のものをなすりつける。マッチョの顔に浮かぶ恍惚の表情。
 場面は変わって、和風家屋の一室。後ろに掛け軸を背負った構図で熊のような毛むくじゃらの男がひきしまった筋肉にスポーツ刈りのさわやかな青年を膝の上に横抱きに抱いて座っている。おもむろに手を振り上げ、いっさいの手加減のない速度で打ちおろす。
 「ス・パ・ン・ク スパンクッ!」
 打たれたスポーツ刈りの青年、目を乙女のようにうるませ頬は薔薇色に赤らめ恍惚のようすで、
 「大好きよ」
 熊のような毛むくじゃらの男、青年のそぶりにさらに嗜虐をそそられたといったふうに目をギラつかせ再び手を振り上げ容赦なく打ちおろす。
 「ス・パ・ン・ク スパンクッ!」
 打たれたスポーツ刈りの青年、肩越しにうるんだ瞳で毛むくじゃらの男を見上げる。絡みあう二人の視線。夕闇の訪れる室内に時間が止まる。もはや少し離れればお互いの顔すら確認できないほど薄暗い。二つのシルエットがゆっくりと畳の上で重なりあう。
 「二人でひとり」
 バックに流れる軽々しいBGM。番組提供のテロップ。

逃避王(1)

 天井の高い部屋の中央に置かれたテーブルを挟んで二人の男がカードゲームをプレイしている。
 「私の百年貯蓄の力を破らぬ限りユーに勝利はありまセーン、モラトリアムボーイ!」
 「オレはどんな状況におかれようと逃げぬいてみせるぜ、ペニス(敵の大ボスの名前)! …とはいえあの傲然とそびえる現世の金を前にバイト程度の社会に還元されない自己中心的な労働で手に入れた小金をしか持たないオレにいったい勝ち目はあるのか…」
 「フフフ…どうしました、モラトリアムボーイ。早くその手札にある『就職活動中の戦士』を場に置いたらどうデスカ?」
 「クッ! そこまで読まれているのか! 『就職活動中の戦士 パワー100/タフネス20』を攻撃表示で場に出すぜ!」
 「(白々しく拍手して)お見事デス。就職活動は一に攻撃、二に攻撃……」
 「さらに魔法カード『ポジティブシンキング』を戦士にエンチャントするぜ…これでもまだ戦士のパワーは500、ペニスの場にある『重役面接』を倒すには及ばない。だが、オレには切り札がある(自分の場に伏せて置かれたカードをちらりとみやる)…攻撃だ、ペニス!」
 「Oh! 気がふれたとしか思えませんネー、モラトリアムボーイ。その戦士は重役連の餌食デース。早く楽になりたい気持ちはわかりマスガ、それは無謀すぎデス(おどけて肩をすくめてみせる)」
 「(腕組みして自信ありげに睨んで)そいつはどうかな。『重役面接』が『就職活動中の戦士』をブロックするのに応じて罠カード発動だ!(テーブルのカードに手をかけてめくろうとする)」
 「フ……ユーの切り札はずばり、『大学院進学』! ミーはさらにそれに応じて魔法カード『四年間の放蕩』を唱えマス!」
 「な、なに!(四年間確たる目標も無しに遊びほうけた学生が就職活動にも大学院進学にも失敗し奈落の底へと転落していく光景が場に写し出される) クソッ、魔法カード『不況の波』だ!(重役連が場から一層される)」
 「フフ、苦しまぎれデスネ。ユーの次のドローは『就職浪人中の戦士』デス!」
 「…その通りだぜ、ペニス。『就職浪人中の戦士 パワー20/タフネス100』を守備表示だ」
 「それではミーは『エリートサラリーマン パワー1000/タフネス2000』を攻撃表示デス。力の差は歴然としていマス。この攻撃でユーの二十数年の人生は粉々に砕け散るでショウ。降伏しなさい、モラトリムボーイ!」
 「オレは最後まであきらめはしない! さらに『親戚縁者という重圧 パワー0/タフネス200』を守備表示するぜ。来い、ペニス!」
 「愚かな、そんなクズモンスターをいくら積み重ねたところでまっとうに日本国の王道を歩む企業戦士の持つ社会的正当性をうち崩しはできません! 『エリートサラリーマン』攻撃デス!!」
 「待っていたぜ、この瞬間を! 魔法カード『語学留学という言い訳』を親戚縁者にエンチャント! 親戚縁者への負い目というくびきから解き放たれた『就職浪人中の戦士』は、『洋行帰りの性病持ち』へと化身する!」
 「しまった…! モラトリアムボーイはこのコンボを狙って『親戚縁者という重圧』を場に出したのか…!」
 「覚悟はいいな…ペニス…『洋行帰りの性病持ち パワー2800/タフネス1500』の攻撃! 滅びの呪文――淋・梅・ヘルペス!(両手に顔をうずめるもの、天を仰いで嘆くもの、病院のベッドで痩せこけて横たわるものの三つの映像が空中で交錯する)」
 「(直下からの爆風と光にあおられて)UWOOOOOO~~~!!」
 「(険のとれた顔で)ペニス、ボク達の勝ちだ」
 「(くぐもった声で)フフフ…それはどうでショウ」
 「何ッ!」
 「(積み上げた万札の壁の後ろから姿を現して)どんな哲学もどんな人生経験も積み上げた万札の前には説得力を失いマス。サラリーマンとは日本に住む万人が回帰すべき真なる安住の地…サラリーマンへと進化することで人類は暗闇を恐れなくなったのデス。(指をつきつけて)ユーの二十数年程度の人生はこの歴史的必然に歯向かう何を持っているというのデスカ!!」
 「(がっくりと膝をついて)オレの負けだ、ペニス…明日からはしっかり就職活動するよ…そして一流とは言わないまでも、まァ二流の会社にかろうじて縁故で入社して不況時にはボーナスをカットされたりしながら娘息子に毛虫のように嫌われながら四十年間無難に勤めあげ定年後は夫婦の会話の無いことを苦に毎日を送りながらある日女房の側から一方的に離婚されたりして人類全体の運行には塵ほどもの影響を与えない意味性の極端に不自由した人生を堅実に消費していくことにするよ…」
 「(優しく微笑んで)そうデス、それが人として生まれた幸せというものデス、モラトリアムボーイ」

5th GIG “ジ・エンド”

 電気街のとある量販店の周囲を十重二十重に取り囲む無数の人々。その尋常とはちがう光景の中でさらに異彩をはなつ四人の肉厚のボディの青年たち。照りつける陽光。青年たちの身体の肉という肉のすき間から汗が音をたてて流れおち、その足下に子どもならば泳ぐことが可能なほどの水たまりをつくっている。痩せこけてあばらを浮かせた猫が一匹ふらふらと歩いて来、水たまりに舌をつける。直後、激しい痙攣とともに白い泡をふきながらひっくり返る。
 「(両手で肩を抱き、歯をがちがちいわせながら)ダメです、隊長。私は、私はもう…」
 「弱音を吐くな、二等兵! こみパ(Leaveの新作エロゲー『こみゅにてぃパーキンソン氏病』の略称。大学卒業後も定職につかないまま遊びほうけていた主人公が、パ病の患者を身内に持つ美少女と出会い、肉体の不自由なパ病患者の中に高い神性を見いだし彼らを導く新しい社会集団の創造を決意する。苦難、挫折、希望、そして裏切り――様々の魂の遍歴を経て、ついに主人公はこの世界に人間存在をかくあらしめる絶望のシステムの正体を知り、より高い唯一無二の実存として覚醒してゆく。特に物語のクライマックス、ハレルヤをバックミュージックに主人公の恋人の身体を依り代として降臨した大宇宙にあまねく普遍在するすべての生命の大母とするセックスシーンは圧巻。「なんという神々しさ! なんという地獄のようなエロさ! そしてヌケない! これはもはや犯罪だ!」とエロゲー業界すべてとその追従者たちに激震をまきおこすことになる)はもう目の前じゃないか。脱落することは許さん。これは命令だ。我が隊の全員が生きて、こみパを持ち帰るのだ!」
 「た、隊長どのォッ!」
 「(片手をひらひらさせて顔面に風を送りながらふたりのかたわらで白けて)ねえ、もうやめたら? 見てるほうが暑いし」
 「(途端に興を失って座り込み)ああ、やめだやめだ。少しは退屈しのぎになると思ったんだけどな……それにしても先週はたいへんだったな」
 「(急に泣き出し)ぼくだ、ぼくのせいなんだよ、ぼくがすべて悪いんだ」
 「確かにいまCHINPOは集中治療室で生死の境をさまよっている。だが医者もまったく絶望的だとは言わなかったじゃないか。CHINPOの魂がまだあきらめていないなら、CHINPOが本当にチンポを持っているなら、平面美少女がそのバストを破廉恥に揺らすことによって創りだす疑似三次元空間を見せつけられて帰ってこないはずがないじゃないか。そのために、いま俺達はここにいるんだ」
 「(眼鏡を人差し指で上下させ)フン…」
 「(鼻息荒くつかみかかろうとしながら)おい、おまえ鼻で笑わなかったか?」
 「(日本国土を蹂躙・占有する犯罪的なデブっぷりで二人のあいだに割り込みながら)やめとけ! アイツのおかげでこみパを正規の発売日より一日早く販売する量販店の存在を知ることができたんじゃないか。いまは一刻を争うときだ。この一日がCHIINPOにとってどれだけ重いかおまえにもわかるだろう…アイツはアイツなりのやり方でCHINPOのことを心配しているのさ。ただ、少し不器用なだけで」
 「(照れ隠しのように邪険にふりはらって)どうだかね」
 「(シャッターが半分開き、中から店員が出てくる)お待ちのお客様方に連絡申し上げます」
 「おい、出てきたぜ」
 「いよいよだな」
 「俺はいま、はじめてエロゲーをプレイした中学生の小僧ッ子のように胸を高鳴らせているぜ!」
 「フン…」
 「(拡声器で)大変申し訳ございません。ただいま通達がありまして、Leaveの新作『こみゅにてぃパーキンソン氏病』は更なるクオリティアップのため、発売延期となりました。(騒然となる周囲の人々)ご安心下さい! ご安心下さい! お待ちのみなさまにはただいまより予約券をお配りいたしますので…」
 「なんだって!? 延期だって! それじゃ、それじゃCHINPOの命はいったい……」
 茫然と立ちつくす四人のエロゲー購入希望者たち。場所は変わって、都内の病院。集中治療室の中でベッドをふたつ並べた上に寝かされた犯罪的なデブっぷりの青年。青年につながれた計器のひとつに表示された矩形が徐々に勢いを弱め、ついにはまったく水平となる。医者と看護婦が駆け込んでくる。脈を取り、ペンライトで瞳孔に光を当てる医者。首を振り、重々しく口を開く「記録してくれたまえ」。都会のネオンサイン。

to be continued

6th GIG “クレイドル”

 販売目的ではない漫画を大量に陳列・賃貸することで利潤を追求する図書館でない店。見た瞬間にこれは尋常の社会生活を営む種類の人間ではないと理解されるものや、背広姿など風体はまともだがあまりの目の輝きの無さやあまりの目の輝きに異常を認められるものが大量にたむろしてその精神的負の質量にもかかわらず不気味なまでの整然さで漫画を閲覧している。その中でもひときわ異彩を放つ一人の青年。椅子を三つならべ腰掛けなお左右に肉をあまらせるほどのデブっぷりで「一人一度に五冊までにお願いします」の張り紙が隠れるほどにうず高く漫画本を積み上げて本を大事にするものが見たならば発狂するようなやり方で製本部分が負荷に耐えかね分解するほどに本を左右へ押し広げ棟方志功もかくやという勢いでぺージに5センチの距離まで顔を接近させギンギンに冷房の効いた店内でなお粘着質の汗をだらだらと垂れ流しながらかれをすべての社会集団から遠ざけてきたのだろうと想像させる異常な虚構への没入力でもって周囲の哀れみの視線や店員の再三の注意も気づかずに漫画をむさぼり読んでいる。
 「(一人の男が背後から歩み寄ってくる。一見普通だが頭の”リカさま命”と書かれたバンダナがその最初の印象を致命的に裏切っている)よぉ。久しぶりだな」
 「(クリーチャーという形容がもっとも正しい動きで顔をあげ)ああ、ご無沙汰してます」
 「(積み上げられた本を見て)『キン肉マン』『スクラップ三太夫』『キックボクサーマモル』…おいおい、ずいぶんとレトロじゃないか」
 「へへ、ジャンプ黄金期の終焉とほぼ同時にその才能の斜陽を迎えた一漫画家の悲劇的な運命を自分の少年時代にフィードバックさせつつ追体験していたんですよ」
 「(肩をすくめて)酔狂なこった。最近見かけなかったが、どうしてたんだい」
 「ようやく同人活動のほうが軌道に乗り始めて、そっちのほうがちょいと忙しくなってきたんで」
 「そうかい。そりゃよかった…せいぜいがんばってこの店の歴史に最後の花をそえてくれ(立ち去ろうとする)」
 「(周囲の数名を大質量の脇腹でなぎ倒しながら身体をひねって)ちょっと待って下さい。そりゃいったいどういう意味で」
 「(振り返り)知らなかったのかい。今月で潰れるんだよ、ここ」


 「(薬の匂いがしみついた四枚の壁に切り取られた部屋で)…というわけさ」
 「(パイプ椅子を蹴って激しく立ち上がり)なんだって! それじゃ、読むデイが潰れてしまうっていうのか!」
 「(ブリキ製のバスのおもちゃを床に走らせながら知性の宿らない笑顔で)ぶーぶー」
 「(全員が会話を止めそちらを向く。この上なく優しい顔でほほえみながら)そうか、ブーブーかっこいいな、よかったな、CHINPO」
 「(何事も起こらなかったかのように向き直り)読むデイは俺たちの思い出の場所だ。(目を潤ませながら)俺たちが初めて出会ったのもあそこだった」
 「(目を潤ませながら)サラリーマン金太郎の全巻イッキ読みを俺たち四人が同時に思いつき、書棚の前で凄惨なにらみあいになったところへ『まァまァ、そんなに怖い顔しないで。本宮ひろ志はどの作品も絵柄・テーマ・面白さにおいて変わるところが無いから、サラリーマン金太郎にこだわって喧嘩をするのはまったく馬鹿げているよ』と穏やかに仲介してくれたのは読むデイの店長だった」
 「そうそう。(目を潤ませながら)『又、本宮ひろ志の廉価版として宮下あきらを挙げることができるがそちらを利用しても読了後に得るものは何ら差が無いよ』と店長が教えてくれたおかげで、僕たち四人は衝突を避けてゆっくりと漫画を楽しむことができたんだ」
 「(室内に転がっていた美少女フィギュアを取り上げて)だーだー」
 「(全員が会話を止めそちらを向く。この上なく優しい顔でほほえみながら)そうか、CHINPOは委員長がお気に入りか。よかったな、CHINPO」
 「(何事も起こらなかったかのように向き直り)そして俺たちは本宮ひろ志と宮下あきらへの不満をぶちまけお互いの漫画への情熱を語り合い、いまの俺たちとして歩みだしたんだ」
 「(突然手にしていたフィギュアをテレビに向かって投げつける。テレビには紫色のロボットが巨大な怪獣の身体を引き裂くシーンが写っている)びぇぇぇぇぇぇ」
 「(全員が会話を止めそちらを向く。あわててテレビにかけよってスイッチを消す。泣きじゃくるCHINPOの頭をなでながら)よし、よし。怖かったな、いけないよな、こんな残酷なのつくっちゃいけないよな、CHINPO」
 「(鼻水を垂らしてしゃくりあげながら)ぶえ、ぶえ、ぶえぇ」
 「……」
 降りた沈黙にうながされるように一人、また一人と部屋から出ていく。看護婦に手を引かれて出ていく幸せそうな顔のCHINPO。リノリウムの床にブリキのおもちゃだけがぽつんと残される。残酷に照らす真昼の陽光。

to be continued

奇天烈大百科

 「(浮かれ踊りながら)はじめて~の~フェラ~君のフェラ~」
 「(この世のすべてを恨んだような視線で見上げて)今日はご機嫌チンポね、キテレツ」
 「もちろんさ、ぼくが手なぐさみにというより持ち前の外見上の不備と、それに勝る陰湿な性格から婦女子に疎遠であるところの自分を性的に慰めるために製造した、主に男性の性処理を存在の根源的目標とする、またその創造者の言語化されない事実を無意識的に感じ取っており、自己存在の本質的意義に懊悩・絶望していながら、その解決を自分の内面にではなく外部の現実に求めるゆえに、社会性の欠如と潜在的犯罪者の資質を充全にかねそなえてしまったロボット、輪姦女(コロスケ、と読む)! 今日ほどハッピーな日はぼくのこれまでの人生において無かったくらいさ! なんたってあの堅物女の三四(ミヨ、と読む)がぼくの昼夜を問わぬ――例えば彼女の靴箱の中にB5大学ノートにびっしりと隙なく文字を埋めたラブレターをそっと毎日放置しておいたり、彼女の愛犬の犬小屋に彼女が犬公を散歩に連れ出したすきをみはからって毒マムシをそっと毎日放置しておいたり、彼女が毎日何時に風呂に入り何時に食事をし何時に就寝するかなどのイベントを緻密なタイムテーブルにして彼女の机にそっと毎日放置しておいたりさ――猛烈なアタックについに今日泣きはらした目を弱々しく伏せて『…一日だけ、一日だけおつきあいしてあげるから、だからもう私につきまとわないで下さい。お願いだから』と発言しやがったんだ! (ポケットからカセットを取り出して再生する)『一日だけおつきあい一日だけおつきあい一日だけおつきあい一日だけおつきあい……』キッヒーッ! たまらねえぜ! (床をごろごろと転げ回る。舌でカセットテープをなめ回し顔面を輪姦女に接近させて)言質を取るってのはこういうふうにしてやるんだよ、輪姦女! 『一日だけおつきあい一日だけおつきあい一日だけおつきあい一日だけおつきあい……』キッヒーッ!(床をごろごろと転げ回る) おつきあい、なんて語義の曖昧な言葉だろうねえ! こりゃもうどこまで行くか俺自身にも正直わからんぜ…(眼鏡に取り付けられた天体望遠鏡風の筒が左右連動しない動きで高速に伸縮を繰り返す)ククク…この奇天裂傷アナル斎様の残してくれた赤外線バイザーさえあれば婦女子も薄布一枚で街を無防備に闊歩する夏に向けて、もう圧倒的勝利は約束されたようなものだ! …ッざけるなぁぁぁぁぁぁぁッ! (突然激昂して棚のステレオを担ぎ上げると二階の窓から通りにめがけて放り投げる。窓ガラスの割れるけたたましい音。悲鳴。血走った目で)一日だと、一日ですむと思ってんのか、一日くらいで母親に虐待され続けて女性全般に転移した憎悪からの変態サド性愛をもてあます俺が満足すると思ってんのか、あのアマ! (怒りのあまり鼻血を吹く。が、腕時計を見て突然陽気に)おっともう出かけないと。あんまり三四を待たせてもいけないしな…放置プレイの趣味はねえんだ。キヒヒ。それじゃあな、輪姦女。(行きかける。が、突然振り返り輪姦女にすれすれまで顔面を接近させて臭い息をはきかけながら)今日でおまえは用済みだ! ヒヒヒ、帰ってきたらスクラップにしてやんぜ? (浮かれ踊りながら)はじめて~のフェラ~君のフェラ~(部屋から出ていく)」
 「(両手で顔をおおう)おお、三四殿、かわいそうな三四殿……あんな異常者の手にかかって華やかな青春の幕を閉じることになるなんてチンポ。しかし一介の性処理ロボットに過ぎない我が輩に何がしてやれるというでチンポ…(部屋の中央にくずおれる。が、しばらくして身体を起こし)そうでチンポ! 我が輩が三四の処女性をキテレツより先に終焉させてやればいいのでチンポ! (頭頂部に手をやり)これはちょんまげといったような我が輩にある種のキャラクターと時代性を添付・象徴させるための演劇的小道具なんて生やさしいものじゃなく、VHSが勝利した理由であるところの性的要素に勝れば全体において勝るという人間存在の崇高さを完膚無きまでに踏みにじる冷徹なマーケティング理論に鑑み各社のゲーム機のコントローラーが現在残らず持つにいたっているところのバイブレーション機能を搭載した特別あつらえの張り形なのでチンポ。これを使えば最大で阪神大震災レベルの振動を三四殿の膣内に発生させることが可能でチンポ。毒は毒をもって制す、最悪の事態を回避するために仕方のないことでチンポ…三四殿、いま行くでチンポ(部屋から出ていく)」

 「(通行者をいっさい眼中に入れないやりかたで通りの中央をねり歩きながら)おお、あそこに見えるは母親が人類外の生物と交接して生まれたとご近所でもっぱらの評判の遺伝子配列に異常を予感させる風貌のブタゴリラと、余った皮が先端部分にドリル状に凝縮したチンポを持つと学校でもっぱらの評判のトンガリチンポでチンポ。おぉい、我が輩でチンポ、ここでチンポ!」
 「(左とん平の扮する猪八戒をさらに太らせ、思いきり毛深くしたような容貌で振り返り脳言語野と発声器官に致命的な欠陥を感じさせる声で)$◆□、☆↑↓○〈#%□■※→→◇(腹を抱えて爆笑する)」
 「(顔を真っ赤にし両手で股間を隠して)ねえ、いま包茎って言った? 包茎って言わなかった?」
 「二人ともそれどころではないでチンポ。三四殿がたいへんなのでチンポ」
 「(両こぶしで分厚い胸板を交互に叩いて)◇→〒※■△□£!? %$#&▲、▽*@※↑↑↑!!」
 「(顔を真っ赤にし両手で股間を隠して)いいや、その目は包茎だって思ってる目だ、言わなくたってぼくにはわかるんだから!」
 「ブタゴリラは話が早いでチンポ。トンガリチンポもいっしょに行くでチンポよ。OK?」
 「↑#&→◇※■※$&%£▲!!(マンホールのふたを持ち上げる)」
 「あっ。言った、言ったよ、いま言ったよ! (顔を真っ赤にして涙ぐんで)ぼッ、ぼくのことを包茎って言うなぁッ!」
 「(突如遠くから)きゃああああああっ」
 「あの悲鳴は三四殿の!(駆け出す)」
 「↑#£▲!(後を追う)」
 「(手で両耳をおさえてうずくまりながら)包茎って言うなぁッ! 包茎って言うなぁッ! 包茎って言うなよぉッ!(大声で叫び続けるトンガリチンポの周囲に人が集まってくる)」

 「(ぐったりと地面に横になった三四を見下ろし手に持っている血のついたレンガを後ろに放り捨てる)ごめんよ、君があんまり熱烈にぼくを見つめるものだから。ぼくは他人の視線にさらされることに非常な恐怖を感じる性質なんだ…さて、しかしこれからどうしたものか。やれやれ、ぼくが今までプレイしてきた無数の恋愛ゲームの中にも暮れていく人気の無い公園で女の子の後頭部を落ちていたレンガで強打したあとどうするかなんてシチュエーションはなかったしな」
 「(夕日をバックに)もうやめるでチンポ、キテレツ」
 「(びくりと肩をふるわせる。振り返り)は…はははっ、誰かと思えば輪姦女じゃないか。どうしたい、スクラップにされるのを待ちきれずぼくの後を追いかけてきたのか。そうだろうそうだろう、自分である意識を喪失してこの世から消滅するというのはこの上ない快感だろうからな! けどそれはぼくがこの三四という人間の肉体と人格を完全に蹂躙することで両親に与えられた世界への憎悪をすっかり解消してしまったあとのことだ…(再び三四に向き直る)」
 「無駄でチンポ。キテレツを勃起させる現実はどこにも存在しないでチンポ。ただキテレツが創り出した、現実に対抗するファンタジーである我が輩をのぞいてはね。チンポ」
 「そんな、そんなはずが…(ズボンを下ろして)くそっ、くそっ! 立て、立てよ! ちくしょう! (やがてがっくりと首をうなだれて)やっぱりぼくにはギャルゲーしかないのか。ぼくは一生ギャルゲーをやり続けるしかないのか…(落涙する)」
 「キテレツ…(キテレツの肩を抱く)」
 「(顔をあげて涙をぬぐうと晴れやかに)わかったよ、いまぼくは自分の求めるものがわかった。ぼくにはやっぱりギャルゲーしかないんだ。それがわかっただけでも今日という日には意味があった。それに、ギャルゲーもそんなに悪いものじゃないさ。さぁ帰ろう、輪姦女。ぼくたちの家へ」
 「(憐れみの表情で)そうはいかないでチンポよ…」
 輪姦女の後ろに立つ二人の警官。逃げ出そうとするキテレツ。が、すぐさま地面に押さえつけられ後ろ手にぴかぴかする銀色の手錠をはめられる。連行されるキテレツ。泣きはらした目に憎悪をこめてにらみつける三四の母親。走り出すパトカー。併走する黄色い救急車には猿ぐつわと拘束具を身につけたトンガリチンポが乗っている。併走する保健所の車には乱杭歯を剥きだしにして鉄柵にしがみつくブタゴリラが乗っている。陽の落ちた公園。小学生が工作の時間につくったような段ボール製のロボットが放置され、街灯に照らされている。毛の抜け落ちた痩せた犬が一匹やってきて、その上に小便をする。